国内バイナリーオプションで経済指標を見逃すな今日の経済指標ラッシュを見逃すな

国内バイナリーオプションに関するニュースをチェックすると、今日という日は投資家にとって眠れない一日となりそうです。その理由は、2015年9月3日のこの日の夜、重要度の高い経済指標が立て続けに4つ発表されるからです。

国内バイナリーオプションではこの経済指標について

外為レートに影響するようなニュースとして、経済指標は重要になります。
というのも、この経済指標というのは投資家が重要視する項目で、金利に関わったり各国の評価から影響する為替相場の値動きに変化が起こる傾向にあり、FXを始めとして、国内バイナリーオプションでもチャンスを狙いに行くのが効果的だと言われています。

国内バイナリーオプションではこの経済指標と相場

国内バイナリーオプションではこの経済指標は特に重要で、コレを知らないのでは大きなチャンスを逃しっぱなしという状況となってしまうでしょう。

未経験の方は、まずは検証がてらにどんな値動きをするかを見るだけでもステップアップと言えるでしょう。

今回発表される経済指標は次の4つで、

○欧州中央銀行(ECB) 政策金利発表
○米・貿易収支
○米・新規失業保険申請件数(前週分)
○米・ISM非製造業景況指数

というラインナップ。なんだか良く分からないという方のために、次の項目ではそれぞれについて解説を行いますので、よろしければ目を通して見てください。

国内バイナリーオプションの経済指標のニュースについて、どの業者からチャンスを掴むかどうかについて悩んでいる、という方はバイナリーオプション国内業者の徹底比較ページにアクセスして、それぞれの特徴からサービスを選んでみましょう。

国内バイナリーオプションの経済指標に関する解説と重要度

国内バイナリーオプションに関する経済指標について、各経済指標について見て行きましょう。

国内バイナリーオプションではこの経済指標と欧州中央銀行(ECB)政策金利発表

○欧州中央銀行(ECB)政策金利発表 20時45分~予定

国内バイナリーオプション取引の経済指標の中で特に重要度の高いイベントです。
欧州中央銀行(ECB)での最高意思決定機関の発表で、ユーロ圏における金融政策を決定しそれを執行します。

原則として2週間毎に開催され、月の1回目に行われる理事会で政策金利が決定となります。

ユーロ圏に関わる通貨や国に関して大きな影響を及ぼす発表と言えます。それだけに大きな注目が寄せられ、評価されることが予測されます。

米ドル/円では前回、前々回と上昇傾向であり、今回についても多くの方が上昇傾向を予測しているようなので、それを踏まえつつ発表に合わせて取引してみてはいかがでしょうか。

国内バイナリーオプション取引の経済指標と米・貿易収支

○米・貿易収支 21時30分~予定

国内バイナリーオプション取引の経済指標での利益獲得に見ておきたいアメリカの貿易収支。

傾向として、中・長期的に下落している局面では、投資家の関心が高くなる傾向があるようです。

米ドル/円では前回上昇が確認されていますが、最近の値動きを見ているとちょっと不安も残ります。

ポンド/円での取引など、ユーロ圏での通貨ペアも考慮に入れつつ、取引について見ていく、または手を出さないのも選択のうちです。動向を今日一日気にしておくのが一番でしょう。

国内バイナリーオプション取引の経済指標の米・新規失業保険申請件数(前週分)

○米・新規失業保険申請件数(前週分)

失業した方々が失業保険給付を初めて申請した件数を集計し、発表します。雇用にカンする情報とセットで、景気の動向に敏感に反応する内容で、景気先行指数というものにも採用されるほど。

国内バイナリーオプション取引ではアメリカの経済指標がとても大きく影響しやすいということから、の指標に関しても注目したいですね。

前回の変動幅は米ドル/円が33pipsと上がり幅が大きく、上昇を見せていたので評価傾向だったと見ることができますので、今回も上昇を考えつつ、攻略に臨むのが良いでしょう。

国内バイナリーオプションにおける経済指標の米・ISM非製造業景況指数

○米・ISM非製造業景況指数

ISM(Institute for Supply Management:供給管理公社)が発表する、非製造業の景気転換に関する先行指標です。数値として、50%が目安となり、それによって景気が良いか悪いかを図ることとなります。

簡単な話、景気が良いか悪いかの目安で、それだけに重要な発表だと言えます。最近ではサービス産業の比重が増してるため、ますます重要だと考えられているようです。

アメリカの経済指標の発表となるため、通貨ペアも米ドルとクロスしているのが狙い目となりますが、その中でもよく親しまれている米ドル/円での取引で挑戦するのが良いでしょう。

国内バイナリーオプションにおける経済指標については、これらが今日チャンスとなりそうなものとなります。

取引で利益獲得を目指すための布石として利用することもできるので、これらに注目しつつ、チャンスを掴んでみましょう。

国内バイナリーオプションにおける経済指標を利用するならどれがオススメなのか

テキスト

国内バイナリーオプションで経済指標を利用して取引を行うのであれば、まずは絶大な信頼性、安定感が評価されているGMOクリック証券が利用しやすい国内業者であると言えます。

国内バイナリーオプション取引の中でも特に名が知られている業者でもあるのでまずは評価をまとめたGMOクリック証券の評価ページを参照してみましょう。

GMOクリック証券の公式サイトへ直接行きたい、または評価とあわせて見ておきたいという方は、すぐ下のボタンをクリックすれば公式サイトへアクセスできるので、是非利用してみましょう。

GMOクリック証券公式サイト

国内バイナリーオプション業者を比較

FXトレードフィナンシャル(バイトレ)
FXトレードフィナンシャル FXトレードフィナンシャル FXトレードフィナンシャル
取引単位 ペイアウト 判定時間 通貨ペア
1lot
100円から9900円
1lot
10000円固定
最短2分 USD/JPY・EUR/JPYGBP/JPY・AUR/JPYEUR/USD・GBP/USD
FXトレードフィナンシャル(バイトレ)は自由度の高い取引環境が注目されている
FXトレードフィナンシャル(バイトレ)は、3種類の取引方法を用意していることから取引環境における自由度の高さがとても評価されています。3種類の取引方法はあらゆる場面においてチャンスを逃さず、通貨ペアもバランスいい種類と数から、大人気となり、 2015年2月28日までの口座開設者数も1万人を突破!今一番ホットな国内バイナリーオプション取引業者といえるでしょう。
ヒロセ通商(LIONBO)
ヒロセ通商(LIONBO) ヒロセ通商(LIONBO)
取引単位 ペイアウト 判定時間 通貨ペア
1lot
1000円未満
1lot
1000円固定
2時間 USD/JPY・EUR/JPY・EUR/USD
ヒロセ通商の快適な取引環境と、攻略に嬉しい精密な取引画面
ヒロセ通商のバイナリーオプション取引の環境は、バイナリーオプション取引の利点の一つ、参加しやすい取引の容易さをとことんまで表現したといえるほど、操作感が軽く、回線による重さを全く感じさせない取引を実現しています。これにより精密な取引を望むことができ、取引方法や通貨ペアの少なさも相まって、集中してチャンスを狙っていける国内バイナリーオプション取引であるといえるでしょう。
選べる外為オプション
選べる外為オプション
取引単位 ペイアウト 判定時間 通貨ペア
1枚 約50円~999円 1枚につき1000円固定 最短2分~2時間後 米ドル/円・ユーロ/円・ポンド/円・ユーロ/米ドル
選べる外為オプション
選べる外為オプションは、バイナリーオプション国内業者の中でも、新しくオープンされた業者になります。元々はFXプライム byGMOのサービスの一つだったのですが、選べる外為オプションに改名され、口座開設の受付が開始され始めました。バイナリーオプション国内業者の評価や、口座開設者はどんどん増えているので、このタイミングで、選べる外為オプションを使ってみてはいかがでしょうか
トレイダーズ証券(みんなのバイナリー)
みんなのバイナリー みんなのバイナリー
取引単位 ペイアウト 判定時間 通貨ペア
1lot
最低50円から
1lot
1000円
最短2分 ドル円、ユロ円、ポン円
みんなのバイナリーの取引環境は戦略的かつ参加しやすい
みんなのバイナリーのバイナリーオプション取引では、特に取引未経験者の方の評価が目立つほど、利用しやすい取引環境を提供しており、取引に関して困ることをが少ない投資家目線のサポートが行き届いた国内バイナリーオプション取引業者と言えます。とくに評価が高いのは「みんなのバイナリー取引成績表」で、勝ちやすい通貨ペアや負けやすい目標レートなどをすぐに知ることができるのは攻略にも大変効果的で、未経験者の方でも利用しやすいことから、ステップアップに最適かつ、十分戦略な取引を望むことができるでしょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

短期取引が利用可能なバイトレ
信頼性が高いみんなのバイナリー